冬支度の庭園「六義園」

hana3

冬の庭園のシンボル的存在、「雪吊り」。
20141219e

20141219d

雪吊りとは・・・
Wikipediaより
雪吊(ゆきづり・ゆきつり)は、冬季、雪が付着することで、樹木の枝が折れないように縄で枝を保持すること。雪つりとも表記される。

代表的なものとして石川県金沢市の兼六園。兼六園では、例年降雪期前の11月に雪吊が施され、降雪期が終わる3月に外されるそうです。降雪が少ない関東地方でも、冬の風物詩や技の伝承として雪吊が施される。

東京の雪吊りは、雪国の雪吊りと違い、実用性より見た目に重点が置かれているが、雪が降ると、雪吊りが有ると無いとでは、枝に掛かる雪の量に違いが有り、(東京地域の雪の量では)十分に効果が期待出来るそうです。

20141219b
六義園の雪吊り風景です^^。

20141219c
今年は、12月でもかなりの寒さ。初雪も観測しましたし、
東京の雪吊りも本領発揮でしょうか。。。

六義園は、山手線「駒込駅」または「巣鴨駅」から徒歩15分位の処です。
周りはビルに囲まれていますが、ほとんど気にならないほど、木々が生い茂り、遮断された空間です。
20141219g

庭園へ行こう「六義園」 >

六義園のグーグルマップ >

巣鴨・駒込・白山のランチランキング「食べログ」>